世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談
世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談

憧れのアメリカ、ロサンジェルスで留学生活

日本の大学に進学したものの、アメリカへの憧れが強く、どうしても学生時代に留学を経験したかったので、大学入学後1年間必死でバイトをして留学資金を貯めました。予定の資金は溜まったものの、貧乏留学生活になることは目に見えていましたが、どうしても学生時代にアメリカで生活したいという思いから1年間ロスの大学への留学を決行しました。

田舎の両親はとても理解があり、「若いうちにやりたい事をやれ」と言ってくれて、日本からロスへの飛行機代を出してくれました。ロスへは兄の高校時代の友達が留学していたので、1年間兄の友人のアパートに居候させてもらう事になりました。ワンルームタイプの小さいアパートで自分はソファーの上で寝る生活でしたが、毎日朝起きて、今日も自分はアメリカに住んでいるんだと思うだびに嬉しくて、ソファーで寝る事など問題にはなりませんでした。

大学の授業は思っていたよりも厳しいものでした。日本の大学と違い、入るのは簡単でも卒業が難しいのです。自分は1年間の留学でしたが、ルームメイトの友人は4年間の長期留学だったので、毎日家に帰ってはテキストとにらめっこの日々でした。自分も授業についていくのがやっとで、毎日だされる宿題レポートにとても観光に出かける余裕等ありませんでした。1タームが終わったところでやっとロスの観光に出かけ、憧れのアメリカ生活を満喫しました。1年間はとても短く感じましたが、学生生活の中で一番勉強した1年間だったと思います。


Copyright(c) 2017 世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談 All Rights Reserved.