世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談
世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談

アメリカという大きな舞台に留学するということ

昔に比べて、最近は海外へホームステイを経験しに行く人や留学をしに行く人が多いと思います。それぞれの夢の違いから目的地も違うことが多いでしょうが、やはり海外に学びにいくにあたってもっとも緊張する場所はアメリカではないでしょうか。今や世界のリーダー的存在であるアメリカ。土地の広さや音楽の流行、スポーツの面での存在感など、様々なところでアメリカという国の力強さを感じさせられます。ただでさえ、そのすさまじいパワーに気圧されてしまう私達日本人ですが、だからこそ、留学する価値がこの国にはあるのではないかと私は思っています。

まずは語学。これを本場で学ぶためにアメリカへ留学する人も、決して少なくはないと思います。基本的なコミュニケーションの手段であるのと同時に、英語が苦手な日本人に最初に立ちはだかる大きな壁です。人間同士が交流するには、言葉は必要不可欠です。ですが日本人には、この最初の壁がどうしようもなく高い。英語が上手く出来なくて海外への留学を諦めた人も、中にはいらっしゃるかもしれません。ですが、「本場以上の学び場所があるのか?」と問われると、私は当然「無いだろう」と答えます。そう、英語が苦手で、だけど英語をマスターしたいと思っている人こそ、アメリカに行くべきなのです!

周囲の人間が皆、自分が苦手としている英語を使っている。想像するだけで、不安で身が竦む思いでしょう。ですが、英語が無くとも生活が出来てしまう日本で、本当に本場で話すような英語がマスター出来るでしょうか。出来ない、とは無論言いませんが、それをマスターするには相当の努力が必要になってくると思います。では、アメリカと日本の違いは何なのか。――危機感、だと私は考えています。危機感というものは不思議なことに、決して気持ちのよい感情ではないにもかかわらず、人間の持っているちからを飛躍的に伸ばすことが出来ます。英語が話せないと、生活がままならない。そんな思いで過ごしていれば、自然と綺麗な英語は身につくのではないでしょうか。強引な方法であると言わざるを得ませんが、でも本気でアメリカに留学したいと思っているのなら、これくらいの心構えで行ってほしいです。様々な理由でアメリカに留学するのだとしても、基本は英語です。とくに学生の人には、思いきって留学をしてほしい。そんな気持ちが、私にはあります。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 世界へ羽ばたけ!みんなのアメリカ留学体験談 All Rights Reserved.